News

カテゴリー

アーカイブ

野田の家

昨年の夏頃より設計を進めてきました

野田の家(千葉県野田市)

先ほど、工事契約に立ち会ってきました。

いよいよ来週から工事が始まります。

私の役割は、

工事が図面通りとなっているか確認したり、

各検査に立ち会ったり、

設計意図を現場に伝えたり、

設計図面では表現しきれない詳細な部分を検討したり、

色などを建主さまと一緒に最終決定したり、

可能な範囲での変更を調整したり、

その他いろいろ。

図面を描き終えてもやるべきことはたくさんあります。

このブログで時々レポートしますので、

よかったらまたのぞいてみてください。

TH-1

 

 

 

 

 

 

 

朝倉幸子さんの自宅兼オフィス

 

ご主人で建築家、故・朝倉則幸氏設計の

 

 

 

TH-1

 

 

 

今日もここから

 

TH-1は朝倉さんが代表を務める建築施工会社の社名でもある

 

 

この建物に

 

 

 

縁あって見学に寄らせて頂きました。

 

 

 

特徴はなんといっても屋根が幕で出来ていること。

 

 

 

今日もここから
屋根裏のロフトスペース

 

 

 

なぜこのような屋根にする必要があるのかというと、

 

 

 

場所が都内の住宅密集地で、

 

 

南も東も西も、建物が近接していて、

 

 

敷地は約24坪で庭を設けることも出来ないため、

 

 

太陽の恩恵を最大限受けるには空から光を入れる必要がある

 

 

ということからなのだとか。

 

 

 

幕屋根の家を専門誌などでたまに見かけることはありますが、

 

 

 

実物を見るのは初めてで貴重な経験でした。

 

 

今日もここから

内部空間はスキップフロアで構成されていて、

吹抜けを通して屋根からの光がやわらかく落ちてきます。

今日もここから
打合せスペース

 

 

敷地の悪条件をみごとに乗り越えた、

 

 

 

明るくて開放的で、素敵な空間でした。

 

 

 

こういったすばらしい空間に立つと、

 

 

 

いつも大きな刺激を受けます。

 

ありがとうございました

3日(土)と4日(日)の

『日高の家』 内覧会

オープンハウス+オープンスタジオ

が無事に終了致しました。

たくさんの方にお越し頂きまして、

一人ひとりの方に十分な対応をさせて頂くことが出来なかった面もありますが、

素敵な2日間となりました。

みなさま、

そしてこのような機会をつくって頂きました建築主さま、

あらためましてありがとうございました。

会場の様子の写真をこのブログに載せようと、

写真を撮るつもりでしたがすっかり忘れてしまい、

下の写真はオープンハウス終了後、

3日の夜に催された、

建築主さま主催のレセプションパーティーの様子です。

今日もここから
居住スペース (アトリエはギャラリーとなっていました)

今日もここから
庭 (外ではバーベキューも)

今日もここから
3日は中秋の名月でした

個人的にも、

様々な意見や感想が聞けて、

建築主さまの作品も観れて、

久しぶりにお会い出来た方もいて、

おいしいものもたくさん食べれて、

楽しい2日間となりました。

5月 引渡し

今日もここから

新緑のまぶしい5月、引渡しに向けて外構等、残りの工事が進んでいきました。

今日もここから
道路からのアプローチ

写真では少々わかりにくいですが、人が通る部分に枕木を敷いています。

手前のアトリエ棟と奥の住居棟の間に門扉があり、

その先にそれぞれの棟の出入口があります。

土の部分に植栽が植わるとだいぶ印象が変わると思いますが、

それは引渡し後、建築主さんが少しずつご自身で

手を加えていく予定になっています。

今日もここから
アトリエ

この壁の塗装は、建築主さんが自身で塗ったものです。

絵描きさんだけに、とてもきれいに仕上がっています。

そして今日、5月24日、

無事に引渡しの日を迎えることができました。

縁あって、最初に事務所の資料を送らせてもらったのが一昨年の8月。

その後しばらくして正式な依頼があったのは昨年の3月。

じっくり設計期間をとって、工事が始まったのが昨年の11月。

ここで紹介してきた通り、約半年かかってようやく竣工しました。

注いできたエネルギーが、

建築主さんの喜んでくださっている様子を見ると

喜びとして跳ね返ってきます。

この仕事をやっていて良かったと思える瞬間です。

今日で一応一区切りにはなりますが、

しかしまだ、建築主さん自身の塗装工事が終わっていないので、

完成はもう少し先、7月になる予定です。

その頃にオープンハウスを企画していますので

またここでもお知らせしたいと思っています。

4月の現場

4月は外壁まわりがほぼ完成し、内部・外構工事が進んでいきました。

今日もここから
ウッドデッキ 作業風景

この家の大工工事を担当してくださった大工さん。

お互いに意見を交換しながら、私の思いを丁寧に汲み取って造ってくれました。

今日もここから
アトリエから庭 ウッドデッキの奥に見えるのは桜

今日もここから
住居からウッドデッキ・桜

今日もここから
いろんな方が「気持ちいい」と言って下さるので、この場所につくって正解でした。

今日もここから

住居内部

工務店による工事はほぼ完了。

これに塗装をして完成となりますが、

今回、塗装工事は建築主さんが自身で行うことになっています。

自分で出来ることは自分でやることで、コストダウンが図れます。

今日もここから
浴室

ここも外部との関係を大切に、気持ちの良い窓を設けることを考えました。

普段はブラインドで閉じますが、

男性であれば外を眺めながらゆっくり入ることもできます。

建築主さんによる工事は多少残るものの、

5月中には工務店工事が完了し、引渡しとなる予定です。

3月の現場

3月は外部と内部の工事が着々と進んでいきました。

今日もここから

外観

細かい工事は残っていますが、全容がはっきりしてきました。

今日もここから
居住スペース

ワンルームとなっていて、

中央手前がシンク付ダイニングテーブル、

これを中心に左手前が調理スペースで、

右奥がフリースペース、

右奥のさらに奥と左奥に収納があり、

テーブルの手前で、ここに写っていない部分がリビングスペースで、

右側の大きな窓から日が差し込むといった構成となっています。

今日もここから
アトリエ棟 作業スペース

ここもだいぶ出来てきました。

あと少し、細かいところを造り込んで、塗装をするだけです。

自分で設計して言うのもなんですが、

私もこんな仕事部屋がほしいなと、うらやましくなりました。

今日もここから
前面道路から見る近隣 (左手前の白い建物が建築敷地)

先日、このブログを見てくれている友人から、

「山の中に家を建ててるの?」

と言われました。

そう言われてブログの写真を見返してみると、

確かにそんなように見えるかもしれないなと思いましたが、

実際には上の写真の通り、

周りにはそこそこ家が立ち並んでいます。

ただ敷地の北西方向だけは山しか見えないため、

その方向に開いた、

家の中からはなるべく自然だけが見えるようにと計画したため、

写真を撮ると山の中の家のようになっています。

無事にイメージ通りの空間が出来上がりそうで、完成が楽しみです。

2月の現場

2月前半

今日もここから
シート防水の屋根が出来、外壁の下地が着々と進んでいきました。

道路から見た建物。

手前がアトリエ棟なのですが、

こちら側に窓を必要としないこのヴォリュームが、

住居棟の塀のような役割を担い、

プライバシーを高めています。

今日もここから

住居棟内部。内部も出来るところからどんどん進んでいきました。

住居棟もアトリエ棟と同じで、ワンルームに近い、

四角いシンプルな箱としました。

ポイントは窓、

大きな窓を設けたのですが、上に書いた通り、

アトリエ棟が塀の役割をしているので、

カーテンが下がりっぱなしとならない、

開放的で気持ちの良い居住空間となります。

今日もここから
唯一の2階、予備室。

ゆったりした敷地のため、

当初は平屋が合うかなと考えましたが、

建築主さんの「2階からの眺めも捨てきれない」という言葉で、

一部屋だけ2階にもってくるという方法をとりました。

この窓からの眺めを見れば、

それが正解だったということがよく分かります。

見下ろす桜の木が、もうすぐ春なので楽しみです。

今日もここから
幣串。

この家はスペースを最大限有効活用するために、

多くの部分は天井裏の無い構造となっているのですが、

一部分だけ設けた天井裏に、

上棟式で使用した『幣串』を納めました。

2月後半

今日もここから
ようやく外壁が張られてきました。

素材はガルバリウム鋼板小波板で、色は白。

建築主さんの高い意識もあって、

今回、建物の周辺環境との調和、佇まいについて、

改めて考えさせられました。

この場所で出した結論は、

主張し過ぎることなく、凛として存在すること。

建築主さんの希望や好みも総合的に判断し、

平屋にヴォリュームを抑えた、四角い白い箱を並べたような外観としました。

人によっては奇抜に見えるかもしれませんが、

これから植わる植栽も手伝って、

雰囲気のある佇まいになると考えています。

今日もここから
庭からアトリエ方向。

今日もここから
アトリエから庭。

当初からシンプルな箱状の建物をつくる計画だったので、

設計者としてもっともこだわったのはこの庭でした。

敷地の7割以上が庭となるため、

建物をどう配置し、つまりどう庭を設け、その庭を活かすか。

もう少し工事が進んでから、

もう少しいい写真と共に、

そのあたりのことを書きたいと思います。

現場レポート2

1月中旬

今日もここから
上棟後、まずは柱や梁などの骨組みとその接合金物ををしっかり取付けます。

(この日は強風で、かなり寒かったのですが、

淡々と仕事をされる職人さんたちには頭が下がります。)

一般的に、柱や梁を太くすれば丈夫な建物ができると認識されていますが、

(もちろん間違いではありませんが)

地震や台風といった揺れに対しては、

写真にある斜めの材(筋交い)が効いてきます。

筋交いをバランスよく配置することが非常に重要となります。

数日後、住宅瑕疵担保責任保険の保険会社による

軸組み検査も問題なく完了。

1月下旬

今日もここから

壁の下地に透湿防水シート(白色)が貼られ、

壁の中に空気が流れる経路を確保するための胴縁(縦に張られている木)、

窓となるアルミサッシも取り付き始めて来ました。

もう一つ、丈夫な建物とするために重要なのが、

壁の中や屋根裏に空気が流れる経路をしっかり確保すること。

木材は、腐りさえしなければ長持ちしますので、

壁の中や屋根裏に入った湿気を外に排出するために

空気が流れる経路をつくります。

また万が一、経年劣化で壁の中に雨水が浸入するようなことがあったとしても、

この空気の流れる経路(通気層)から雨水が外に排出されるので、

そういった意味でも通気層は重要な役割を果たします。

そんなこんなで少しずつ、内部空間の輪郭が出来てきました。

今日もここから
アトリエ

美術家の建築主さんにとって、

長時間過ごすこととなるアトリエは、

四季の変化がある外部空間も一体に感じられるようにすることで、

意識に変化を与え続けることができるスペースとなるのではないかと考えました。

今日もここから
作業スペース

籠もってスケッチなどをする、書斎のような部屋。

ここも変化のある外部空間との関係を重視して窓を設けています。

次回は住宅部分について、少し書きたいと思います。

祝上棟

今日もここから
柱・梁を組み上げている様子

大安の今日、棟上。

一戸建ての住宅程度の規模であれば、

プレカット工場から運ばれてきた木材を一日で組み上げます。

今日もここから
棟上完了

ここまで工事が無事に進んだことに感謝、

竣工までの加護、建物の永遠堅固を祈願して

上棟式が執り行われました。

一部2階となっている部屋からの眺めが、

想定以上に良さそうで、完成が楽しみです。

地盤改良・基礎工事

1ヶ月ほど前に始まった、

日高の家 新築工事、

工事レポートです。

12月上旬

今日もここから
地盤改良工事 (表層改良工法)

セメント系固化材を混合攪拌しているところ。

これで不同沈下の心配がなくなります。

今日もここから
遣り方 (敷地周辺の木製の柵のようなもの)

建物の位置、高さ、水平を決める作業。れを基準に基礎などがつくられます。

12月中旬

今日もここから
砕石地業

砕石を敷き込み、転圧。

基礎に伝わった上からの力を地盤に伝えるために必要となります。

今日もここから
防湿シート、捨てコンクリート

地盤の湿気が床下に上がってこないようにシートを敷きます。

捨てコンは基礎をつくる基準となる線を引くために打設します。(墨出し)

今日もここから
地鎮祭でいただいた「鎮物」を基礎下に埋設。

12月下旬

今日もここから
鉄筋工事

基礎配筋完了。

今日もここから
住宅瑕疵担保責任保険の保険会社による配筋検査。

問題なく、無事終了。

今日もここから
コンクリート打設。

今日もここから
コンクリート工事完了。

年明けのの吉日に上棟予定。

構造体が出来上がると、空間がイメージしやすくなります。

楽しみです。